ait guitar trio(エーアイティー ギター トリオ)
2003年結成。ギタリスト3人編成のバンドで、ジャズ、ラテン、ポップス等のスタンダード曲のアレンジからオリジナル曲まで幅広いジャンルを演奏。
他にはないギターだけのアンサンブルを聴かせる。
3人それぞれのルーツ、スタイルは異なりエレキギター、ジャズギター、フラメンコギター、アコースティックギター等を持ちかえて演奏。
ギブソンジャズギターコンテスト2003バンド部門グランプリ獲得。
ギター3本だから出来る事、そこから生まれるハーモニーを追及し、3人の個性を活かしたアレンジで全国各地で演奏。
2017年夏に6枚目のアルバムとなる"STEP AHEAD"をリリース。
 
筒井 裕之(Hiroyuki Tsutsui)
4歳からピアノをはじめ15歳でギターと出会う。 1998年バークリー音楽院で音楽理論、作曲、アレンジ、ジャズギター等を学び、2000年卒業後ボストンで1年間活動する。その後スペインに渡りフラメンコギターを学ぶ。 2003年ギター3人だけのバンド「ait guitar trio」を結成。同年10月にギブソンジャズギターコンテスト2003のバンド部門で優勝。現在までに6枚のCDを制作。関西、東京、東海地方で活動中。 自身がプロデュース、アレンジを手がけた童謡をジャズアレンジしたCD「和心ジャズ」を2006年に、「和心ジャズ2」を2008年に制作、発売。(完売) 2008年第28回浅草ジャズコンテスト銀賞を受賞。 2013年大阪八尾市文化新人賞受賞。 2014年個人名義でのファーストアルバム「JAZZ+」を制作。 2016年ピアニストの柳原由佳とデュオアルバム「GUITAR × PIANO」を制作。 現在はフラメンコギターでジャズ、シャンソン、カンツォーネからJ-Popまで幅広い音楽を演奏するスタイルで関西を中心にライブ活動中。

Website > Jazz Guitarist HIROYUKI TSUTSUI
 
浅沼 毅一(Kiichi Asanuma)
スティーヴ・ヴァイやイングヴェイ、エリック・ジョンソンなどに影響を受けエレキギターを始める。 高校卒業後、大阪スクール・オブ・ミュージック専門学校、クリエーター科に入学。 卒業後土野裕司氏に師事。1998年にバークリー音学院に入学のため渡米。 音楽理論やアレンジ、ジャズを学ぶ。 また同校ではジム・ケリー、ウェイン・クランツ、ティム・ミラー、トモ藤田やジョン・フィン等に学ぶ。 2002年にギターパフォーマンス科を卒業。 7月にはマイクスターンのマスタークラスレッスンも受ける。 現在、自己のグループでの活動と共に大阪で専門学校の講師も務める。

Blog > kiichiの気まぐれ日記?
 
鷲尾 一夫(Kazuo Washio)
17歳からギターを弾きはじめ、20歳頃から京阪神を中心にブルース、ロック、ポップス等を基調にしたバンドで活動する。その後ジャズ、フュージョンに傾倒。 土野裕司氏に師事し、ジャズギター、フュージョンギター、音楽理論等を学ぶ。 また、Mike SternによるMaster Class Lessonにて数回にわたり直接指導を受ける。 現在、三重、奈良、大阪など京阪神を中心にジャズヴォーカリストとのユニットや自己のジャズグループでも精力的に活動を行うと共に講師としても活動する。

Website > jazzpanda's website